ありがとうございますドット トップ
平成29年1月31日再構築

ありがとうございます掲示板へ

真(まこと)の神さま、そらうみの松下清則先生お話、録音記録 540話 他

ありがとうございますのお話集

古事記研究(修理固成→つくりおさめかためなせ)

ありがとうございます講話集


ピンクの装丁の神書

大奇跡の本

真祈り

一大奇跡のありがとうございます護摩

無限健康

病気の原因

幸せをもたらす言霊ありがとうございます


平和運動の心得(村人の心得)




神書 番外編

常楽我浄の真義

真実の幸せ

古神道


ありがとうございますノート

大祓祝詞の解釈

予定原稿集

平成25年4月21日(日)
ありがとうございます護摩のお話

真祈りの伝授印可書平成26年8月2日
ありがとうございます護摩 真祈りの伝授印可書


自分の立ち位置は?
総責任者の立場は?平成26年10月4日のお話(司会者のお話付き)このお話は重要です河上注


平成26年11月1日のお話 
自分の自由意志で選んで行って自分を消し去る

あらたなる今此処

思い通りに生きる時代は終わったのです。


平和運動ありがとうございますボランティアグループ(村人を含む)の心得

日章旗考察

般若心経解釈

十句観音経解釈

君が代解釈

講話集





真祈りの秘奥義を伝授する為の印可書


真祈りの全体像(全体図)とは

絶対の中心 (無限大の外遙か彼方、無限の無限の彼方)から、全方向から、すべてのすべてへ、

左旋回の渦巻きとなって一瞬に舞い降り、舞い昇る。

無色透明の輝き(光源と光の流れ)が、表を通って無限大が無限小となり、

裏を通って無限小が無限大となり、絶対の中心へ戻ってゆく。

一点に向かって無限通りの光の渦巻きが、一瞬一瞬新たに降り注ぐ。

無限のすべての一点に向かっても、同じように降り注ぐ。

無限の無限の渦巻きは、無色透明の輝きとなって、お互いが干渉し合うことも、
 
邪魔し合うことも全くなく、お互いに支え合って、その輝きを増すだけ。

新たなる全徳の無限の無限の輝きが無限に無限に一杯!という、

一大循環の相象(すがた)の完璧極まりない一つの流動体となっている。


俯瞰図↓

←大変重要な映像です(河上・大桃注)



新たなる真(まこと)の神さまだけ!
新たなる真(まこと)のプラスだけ!

新たなる真(まこと)の本心の耀きだけ!
新たなる一大循環の相象だけ!
新たなる真(まこと)の調和だけ!
新たなる真(まこと)の支え合いだけ!

新たなる真(まこと)の自由自在な心だけ!
新たなる完璧な一つだけ!
新たなる無条件の幸せだけ!
(新たなる無限の無限の幸せだけ!)
新たなる真(まこと)の十界だけ!
新たなる真(まこと)のプラスの言葉だけ!
新たなる真(まこと)の真(まこと)の十界だけ!
新たなる無条件の喜びだけ!
(新たなる無限の無限の喜びだけ!)
新たなる無色透明の輝きだけ!
新たなる真(まこと)の清らかな流れだけ!

新たなる真(まこと)の本心の自覚だけ!
新たなる真(まこと)の盤石の支えだけ!
(新たなる盤石の支えに立つ真(まこと)の本心の自分だけ!)
新たなる下座に立つ真(まこと)の本心の自分だけ!
新たなる絶対奉仕に立つ真(まこと)の本心の自分だけ!
新たなる絶対感謝に立つ真(まこと)の本心の自分だけ!
新たなる真(まこと)の神さまの座に立つ真(まこと)の本心の自分だけ!
(新たなる真(まこと)の神さまに立つ真(まこと)の本心の自分だけ!)
(新たなる恩返しに立つ真(まこと)の本心の自分だけ!)
新たなる真(まこと)の神さまは、新たなる真(まこと)の本心の自分という自覚だけ!
新たなる秘奥義のありがとうございますだけ!




”我”真(まこと)の神さまなり!
宇宙絶対統一神なり(宇宙神なり)
彼我(ひが→無限の無限の輝きが無限に無限に一杯!という意味です)一体なり!
不離一体なり!神我一体なり!
宇宙絶対統一神なり!
絶対の中心無限大の外遙か彼方、無限の無限の彼方から全方向からすべてのすべてなり!
共に行き巡り合い合い働くなり!

(まこと)の神さまは一大循環の相象(すがた)で厳然と今此処に(ここに)在します(まします)
新たなる全徳の無限の無限の輝きが無限に無限に一杯!
宇宙神ありがとうございます
宇宙神ありがとうございます
宇宙神ありがとうございます
宇宙神ありがとうございます
宇宙神ありがとうございます
宇宙神ありがとうございます
宇宙神ありがとうございます
宇宙神ありがとうございます

(注、8回前後繰り返します。特に回数はこだわりません。
自由自在です。
また、ありがとうございますでも、もちろんいいです。
自由自在に使いやすい祈り言葉を使って下さい。)

ありがとうございます ありがとうございます ありがとうございます

ありがとうございます ありがとうございます



これは

真祈りの秘奥義(ひおうぎ)を伝授する為の印可書です。

本心の自分をしっかりと生きることによって、

その理解も深くなり、
無限の価値を見いだすことができるのです。


より深く理解することによって、
   
より大きな価値を見いだすことができ、

自分の見いだした価値だけのものを

受け取ることができるのです。

真(まこと)の神さまに大きく降りたってもらう為には、

自分の生命よりも何よりも

大事に大切にすることです。



真祈りの全体像(全体図)とは

 絶対の中心 (無限大の外側 遙か 彼方、無限の無限の彼方→かなた)から、
全方向から、すべてのすべてへ、

左旋回の渦巻きとなって一瞬に舞い降り、舞い昇る。

無色透明の輝き(光源と光の流れ)が、表を通って無限大が無限小となり、

裏を通って無限小が無限大となり、絶対の中心へ戻ってゆく。

一点に向かって無限通りの光の渦巻きが、一瞬一瞬新たに降り注ぐ。

無限ののすべての一点に向かっても、同じように降り注ぐ。

無限の無限の渦巻きは、無色透明の輝きとなって、お互いが干渉し合うことも、
 
邪魔し合うことも全くなく、お互いに支え合ってその輝きを増すだけ。

新たなる全徳の無限の無限の輝きが無限に無限に一杯!という、

一大循環の相象の完璧極(きわ)まりない一つの流動体となっている。

俯瞰図↓





新たなる真(まこと)の神さまだけ!新たなる真(まこと)のプラスだけ!
新たなる一大循環の相象だけ!新たなる真(まこと)の調和だけ!
新たなる真(まこと)の支え合いだけ!新たなる完璧な一つだけ!
新たなる無色透明の輝きだけ!新たなる真(まこと)の清らかな流れだけ!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


真(まこと)の神さまを大きく与え続けるのを忘れた時に、

無限小の末端(まったん)に近いところで、過去をつかむという執着が起こる。

過去の残像という思いの霧が発生する。

思いの霧が立ち込めると、周りが正しく見えなくなってくる。

思いの濃霧となり、更には、思いの黒雲となって、たなびくようになる。

思いの雲霧(うんむ)の中に閉じ込められると、思いの色めがねを通して見る世界、

即ち、”虚”の世界があるかのように、錯覚するようになる。

縮小執着再現図↓





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


思いの色めがねを通して見る世界、”虚”の世界を大別すると十界(じゅっかい)となる。
十界(じゅっかい)には、降り立つ姿と昇ってゆく姿の二通りがある。
 
思いを消し去るために降り立つ姿の十界(じゅっかい)と、

思いを消し去って昇ってゆく姿の十界(じゅっかい)がある。



真祈りを祈り続けて、真祈りの無色透明の光となって、
   
十界(じゅっかい)のそれぞれに波を合わせて、同じ姿をとりながら、

思いを消し去るのが前者の十界(じゅっかい)です。


真(まこと)の神さまの真祈りが降り注いでいるのが、

真(まこと)の真(まこと)の十界(じゅっかい)の姿です。

  
十界(じゅっかい)拡大図↓



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

思いを消し続けてもらって、順番に昇ってゆくのが、後者の十界(じゅっかい)です。

 
順番に救い上げられてゆく姿の真(まこと)の十界(じゅっかい)です。

十界(じゅっかい)地図↓



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我の心・思いの心・求める心を生きていては、
  
視野が狭くなって、ミニ十界(ニセの・模型の十界(じゅっかい))に
  
落ち込んでしまうのです。

偽物を本物と取り違えて、本心の自分に戻ることは、不可能です。

ミニ十界(じゅっかい)図↓


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恩返しに生き、絶対奉仕に生き、全託に生きる時に、
  
思いを消し続けてもらうチャンスが殖(ふ)えるのです。

思い・我が少なくなると、本心の自分を生き易くなるのです。

本心の自分は、新たなる自分・与え続ける自分です。

過去をつかむと、思いの霧が発生するのです。

マイナスの言葉は、黒い煙を吐(は)き出しているのです。

また例(たと)え、それがプラスであっても、思いの白い霧が発生するのです。

過去を言葉にすることは、思いの煙を出し続けているのです。


  
過去をつかんで、循環の流れを邪魔すれば、マイナスになってゆくのです。

循環の流れを加速すれば、プラスが大きくなってゆくのです。

自分を、自分のすべてを与え続け、更には絶対の中心から、すべてのすべてに、

真(まこと)の神さまを与え続ける、
真祈りの実行こそが、真(まこと)の幸せへの一番の最短コースです。


  
真(まこと)の十界(じゅっかい)の菩薩・仏として、昇化(しょうか)してゆく為には、

新たな自分、無限大の自分、全体を支える自分、謙虚に下座につく自分、

本心の自分をしっかりと生きることです。

真(まこと)のプラス一元の教えを受けて喜んでいるだけでは、

声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)・を卒業出来ないのです。

真祈りの実行だけに絞り込んでこそ、真(まこと)の菩薩・仏になってゆくのです。


真(まこと)の菩薩界、真(まこと)の仏界にあっても、
真(まこと)の神さまに降りたってもらってこそ、


すべての我、思いを消し去ってもらえて、真(まこと)自分・本心の自分に戻れるのです。

  真祈りの実行だけに絞り込んで、
すべての我、思いを消し去るお手伝いに生きるのが、真(まこと)の菩薩・仏の生き方です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真(まこと)の神さまに降りたってもらうのが、真祈りの実行です。

その為にありとあらゆる方法を活用してゆくのです。


@真祈り ありがとうございますを一日24時間+アルファ 祈り続けるのです。

A真(まこと)のありがとうございます護摩の総責任者の自覚を深めるのです。

B大奇跡の本をポステイングする総責任者の自覚を深めるのです。

C日常生活のすべてにおいて、

真(まこと)の神さまに降りたってもらうことだけを心掛けるのです。

すべての我、すべての思いを消し去ることが、唯一無二の目的です。

そうすれば、”虚”の世界が、一切の問題が、消え去るのです。

思いが消えたら、解決不可能と見える、すべての問題も消え去るのです。



真(まこと)のありがとうございます護摩も、大奇跡のポステイングも、

真(まこと)の神さまに大きく降りたってもらい、

全ての思いを消し去ってもらう為なのです。


自分の自由意志で、どんな生き方でも選べるのです。

すべて自分の選んだ通りに成るのです。

言葉が心となり、行いと成るのです。

言葉を支配すれば、心も支配できるのです。

真(まこと)のプラスの言葉を駆使し続ければ、

本心が輝き、真(まこと)の神さまのお手伝いが出来るのです。



一瞬一瞬、何を選ぶのか?

無限の無限通りの中から、最高のものを一つ選ぶことです。

真(まこと)の神さまからのプレゼントは、言葉通りに受け取れるのです。

更に、大きく大きく与える側に立てば、

真(まこと)の神さまの無限の無限通りの働きが実感・実観出来るようになるのです。

印可書Q&A

    
勉強会録音記録



ありがとうございますの掲示板へ


文責 河上彰延 連絡先 qazx36アットマークgmail.com

201808.htmlへのリンク